覚えておきたいキャッシング用語〜金融事故、ブラックリスト〜

ブラックリストに載ると審査に通らなくなる

キャッシングに申し込みをした時に行われる審査の際に、過去に金融事故(「事故情報」とも言います)があると審査には通りにくいと言われています。この金融事故とは
・過去に3か月程度、借金の返済に遅れたことがある
・過去に個人再生や自己破産などの債務整理をした
・過去に1か月の間にいくつものキャッシングに申し込んで全て断られた
などのことを指し、これらの情報は個人信用情報機関に登録されており、これを「ブラックリストに載る」とも言います。(実際に「ブラックリスト」があるわけではありません。)
貸金業者はこの情報をいつでも参照することができ、金融事故毎に決められた数か月〜10年程の間は新たにキャッシングやローンに申し込んだり、クレジットカードを作っても審査に通る可能性は低いということです。
しかしこの期間が過ぎればまた利用することはできます。
キャッシングを利用する際にはブラックリストに載らないように、計画的に利用しなければなりません。

 

お金を借りる審査

覚えておきたいキャッシング用語〜信用情報機関〜

ブラックリストの情報は消せない

私達が過去に貸金業者からお金を借りた、クレジットカードを作ったという情報は「信用情報機関」に登録されています。
更に過去に金融事故があるとその情報も信用情報機関に登録され、これをいわゆる「ブラックリストの載る」と呼んでいます。
日本には現在3つの信用情報機関がありますが、銀行系や消費者金融系など情報が登録される所が違い、同じ事故情報でもブラックリストに載る期間が変わってきます。
ちなみに信用情報機関に登録された情報は開示請求することで私達も見ることができます。
信用情報機関に金融事故の情報が登録されている場合、金融事故ごとに決められた期間の間はどのような手段を使っても情報を消すことができません。
インターネットでブラックリストについて検索すると「ブラックリストの情報を消します!」のような記事をみかけますが、このようなことはできません。
高額な手数料を取られてしまうこともありますので絶対に利用してはいけません。